避妊したはずなのに生理が来ない

「ちゃんと避妊したはずなのに生理がこない」という避妊に失敗した事例は良くあります。避妊薬で有名なピルも全く妊娠してしまわないわけでもありません。もし避妊に失敗して困った時の対処方法をご紹介いたします。

避妊に失敗したときの対処方法

性行為の際にゴムが外れたり破れたりしてしまった、お酒に酔った勢いで性行為をしたが当時の記憶があいまいだ、突然男性に無理やり性行為を迫られたなど、それが意図的であったかどうかにかかわらず、避妊に失敗してしまうパターンというものは多いものです。こうした場合、そのまま放置してしまえば、最悪の場合、望まない妊娠をしてしまうということにもなりかねませんが、正しい対応をすることで、妊娠を回避することができることがあります。
その対処方法ですが、まずはすみやかに産婦人科などの専門医を受診するということが挙げられます。腟内洗浄のような物理的な手段もありますが、現在ではほとんどの場合、緊急避妊ピルとよばれる、特別な錠剤を処方してもらうことになりますので、これをただちに服用します。
緊急避妊ピルというのは、女性ホルモンが高濃度で含まれている錠剤で、性行為があってから原則として72時間以内に服用することによって、頚管粘液や子宮内膜などの変化をもたらし、受精を妨害したり、たとえ受精しても子宮内膜への着床ができないようにしてしまうのです。
この緊急避妊ピルと同様の効果をもつものとして、計画的な避妊目的で一般に使われている低用量ピルや中用量ピルを、通常よりも多い分量を一気に服用するという方法もあります。いずれにしても、こうした医薬品を効果的に用いるには、医師の指導にしたがい、錠数や服用間隔を間違えないということが大切となってきます。
以上のような方法は、妊娠がまだ成立しない場合についてのみ有効ですので、妊娠が成立してしまった後からでは、胎児を胎盤ごと器具を用いて吸引する人工妊娠中絶のような方法をとることになります。

▼避妊に失敗と思ったらすぐにアフターピルを服用しましょう
アフターピルで事後避妊