「ちゃんと避妊したはずなのに生理がこない」という避妊に失敗した事例は良くあります。避妊薬で有名なピルも全く妊娠してしまわないわけでもありません。もし避妊に失敗して困った時の対処方法をご紹介いたします。

カーマスートラは避妊薬と鎮痛剤の大切さ

カーマスートラはインドの性の経典です。カーマとは「愛」、スートラとは「教え」を意味するインドの言葉です。男性と女性の出会いから、セックスのノウハウまで記された性と愛の教科書です。医師の中には避妊薬と鎮痛剤の重要性を患者に教えるためにカーマスートラを読むことをすすめる医師もいます。インドでは愛は人生の三大目的に数えられるほど大切なことなのです。日本とインドは食文化ではカレーやナン等広く伝えられています。カーマスートラが伝えていることは、直接的な快感以外にも、そこにいたるまでの道筋こそが、さらに人生をより深く豊かなものにしてくれるのだといっているのです。女性はホルモンバランスが生活の変化などでくずれることがあります。生理がなくなり、将来妊娠しにくい体になったりすることがないよう治療します。ホルモンバランスが悪くなっている時、治療に避妊薬が使われることがあります。正しい服用をつづけていけば、避妊薬をのみつづけたからといって、将来子どもがつくれない体になる心配はいりません。しかし、女性の中には避妊薬に抵抗がある場合がたくさんみられます。男性と女性の関係はセックスと結びつき、男性が避妊に協力することが大事な場合も多くあります。男性のための鎮痛剤もあります。皮膚麻酔薬の鎮痛剤で、痛みを抑える効果があります。男性の早漏で悩む人にも射精時間をのばすこともできる鎮痛剤です。カーマスートラの名前をつけたものもあります。カーマスートラの性と愛の教科書はだれもが一度は経験する大切な人生を豊かに愛にあふれた行為ができるようにするための経典です。難しい内容ではありません。心が豊かになり、感性がよみがえる教科書です。