「ちゃんと避妊したはずなのに生理がこない」という避妊に失敗した事例は良くあります。避妊薬で有名なピルも全く妊娠してしまわないわけでもありません。もし避妊に失敗して困った時の対処方法をご紹介いたします。

ピル外来は避妊だけでなく生理痛の改善等の治療が可能

ピルは避妊に使うもの。ホルモン剤だから心配。そう思っている人も少なくないのではないでしょうか。
ピルも主な目的は避妊ですが、現在では避妊以外にも、生理痛の改善や子宮内膜症などの病気の発生率を低下させるなど、幅広く治療に利用されています。
ピルは、望まない妊娠をさけるため、女性が主導権を握ってコントロールする事が可能なものです。
ピルは女性ホルモンを含んだ経口避妊薬で、卵巣から分泌されている2種類のホルモンから作られた薬です。ピルを飲むことで、排卵がおきにくくなり、精子が入りにくくなり、万一排卵があっても子宮内膜に変かが起きて、受精卵の着床をしにくくする働きをします。そのため正常に使用すれば、ほぼ100%の確率で避妊効果が期待できます。
ピルを服用するメリットは、女性の意志で避妊ができるだけではなく、生理前の頭痛やいらいらといった月経前症候群の症状を軽くしたするのに効果があります。
また低用量ピルに含まれるホルモンは、子宮内膜の増殖を抑え、通常の生理に比べて出血や出血前後の痛みが少なくなります。
ピルを服用することへの不安がある人は、ピル外来を受診することをおすすめします。
ピルをこれから飲み始めようという人にとって、一番大切なことは検査になります。毎日飲み続ける必要のある薬なので、体に異変がないか、ピルを飲み続けても大丈夫かなどを確かめておく必要があります。
受診は、問診票や質問用紙に書いた質問に記入し、その後問診と血圧測定を行います。その後血液検査などを行い、血栓症の危険因子がないか、貧血の有無や肝機能などを調べます。
ピル外来ではこういった検査を年に2度行い、異常がないかどうかを調べるところがほとんどです。そのため安心して服用ができますね。
ピル外来の初診時には、1~2ヶ月分のピルを処方され、副作用がないと確認されれば6ヶ月分まで処方してもらえます。