「ちゃんと避妊したはずなのに生理がこない」という避妊に失敗した事例は良くあります。避妊薬で有名なピルも全く妊娠してしまわないわけでもありません。もし避妊に失敗して困った時の対処方法をご紹介いたします。

避妊に冷麺を食べて体温を下げても排卵痛が起きない

避妊をするために低用量ピルを服用していると基礎体温が上昇するのが一般的なのですが、冷麺を食べるなどして体温を下げたとしても排卵痛などが起きる可能性は低いとされていますが、冷麺は炭水化物なので食べ過ぎることで体重が増加することがあるので、低用量ピルとの相乗効果によって急激に体重増加をする可能性もあります。炭水化物である冷麺を食べ過ぎるとエネルギーとして消費される場合には問題はありませんが、運動不足の状態で食べ過ぎてしまうと消費されなかったカロリーが中性脂肪として体内に蓄積されるので、肥満の原因になりかねません。避妊をする場合には低用量ピルを服用することが多いのですが、排卵痛がひどい場合には検査を受けてからピルを処方されます。排卵痛が起きると腰痛や腹部の痛みなどが起きるので、正常な社会生活を営むのが難しくなります。避妊を目的とする場合とは異なるのですが、生理痛や排卵痛の症状を軽くするために低用量ピルを服用する女性もかなりの割合に達していて、ピルの服用は避妊をする場合だけではないことがわかります。低用量ピルを服用すると妊娠を95%以上の確率で阻止することができるのですが、服用方法を間違えてしまったり、飲み忘れた状態でセックスをした場合には低用量ピルの効果がないので、膣内射精による妊娠の可能性が非常に高くなります。飲み忘れなどが起きた場合には男性にコンドームを装着してもらうしか避妊方法がないので、最低でも飲み忘れて2週間の間は男性が避妊をする必要があります。コンドームによる避妊はピルよりも妊娠する確率が高いのですが、70%以上の確率で阻止することができるので、正しい装着方法でセックスをすると妊娠を防ぐことができます。