「ちゃんと避妊したはずなのに生理がこない」という避妊に失敗した事例は良くあります。避妊薬で有名なピルも全く妊娠してしまわないわけでもありません。もし避妊に失敗して困った時の対処方法をご紹介いたします。

避妊薬で月経困難症や生理終わらない悩みを解決

生理になる日の前後から3日程度続く下腹に感じる痛みや腰痛等の生理痛に悩んでいませんか。痛みの強さには個人差があり寝込んでしまうほどの症状がでる女性もおり、生理を苦痛に感じてしまいます。このような生理痛の症状が重い状態は月経困難症と呼ばれており治療が必要となります。生理痛の他に吐き気や下痢、頭痛などの症状が起きることもあり現れる症状もそれぞれ違います。原因としては子宮内膜症などの病気や子宮からでるプロスタグランジンというホルモンの分泌量の増加が影響がしていると考えられています。プロスタグランジンは子宮の収縮が強くする働きがあり、このホルモンが全身にいきわたることで体の痛みがでると考えられています。多くの女性を悩ませる月経困難症を改善し予防する効果があるとして使用されているのが低用量ピルです。ピルには避妊薬のイメージがありますが、ピルに含まれている女性ホルモンの働きで様々な効果があります。ピルはプロスタグランジンの分泌量の増加を抑制する働きがあるので月経困難症を予防し症状を改善します。子宮内膜の薄くする働きがあるので精子を着床することを防ぐ働きもあります。子宮内膜が薄くなることで過剰な出血量を減少させるので出血による生理痛等の痛みが減少します。出血がダラダラと続き生理終わらない悩みを抱えている方はピルを試してみてはいかがでしょうか。ピルは1錠ずつを定期的に服用することで避妊効果があり、生理の周期を正常にする働きもあります。生理終わらない時には、ピルを服用することで出血量を減少させて定期的な生理周期が訪れるようになります。ピルは避妊効果だけでなく月経困難症や生理終わらない悩みを解決していきます。